ホーム院長あいさつ
院長あいさつ|ART女性クリニック
新しい命の誕生が、皆さまの大きなお喜びとなりますように!
小山伸夫
 これまで一般産婦人科では、産科(分娩)が中心で、不妊治療は片隅で行なわれておりました。しかし、不妊症に悩む方々を中心に考えた施設が熊本にも必要であるという思いから、このたび不妊症治療専門のクリニックを熊本市民病院前に開院いたしました。 女性の結婚年齢の上昇、子宮内膜症、子宮筋腫、クラミジア感染による卵管癒着などさまざまな原因で、8組に1組の夫婦が不妊症であると推測されます。 不妊症に悩み、9ヶ月入院した妻を持つ一人の夫として、私たち夫婦も非常に辛い時期を乗り越えてまいりました。 体外受精でもうけた娘も成長し、元気が良すぎて家の中はいつも台風直後のようです。身長・体重ともに標準を上回り(特に体重)、家族全員でダイエットに励む毎日です。 また、最近増加している子宮内膜症は月経痛、不妊症の原因となる病気です。私は子宮内膜症に対しても長い間、研究および臨床経験を積んでまいりました。 子宮内膜症の専門クリニックでもありたいと思います。子宮内膜症や子宮筋腫など、手術が必要な方も多いので、入院設備も整えました。 当院は2005年8月熊本で最初に不妊専門クリニックとして開業してから早4年になろうとしています。 この間に、開業以来の体外受精、顕微授精による臨床妊娠は200例を超え、また不妊治療に必要な十分な有資格者(生殖医療専門医1名、臨床遺伝専門医1名、腹腔鏡技術認定医1名、生殖補助医療胚培養士3名、IVFコーディネーター1名、不妊カウンセラー2名)を揃えました。 不妊原因の4割は男性にあるため、人知れず、一人でお悩みの男性も大勢おられます。当院では最高水準の治療を目指し、ご夫婦1組1組に最適な治療をご提案申し上げます。 まずはご夫婦で相談においでになりませんか?
ART女性クリニック院長 小山伸夫