ホームお知らせ助成金1回の支給額の上限が15万円になりました。
お知らせ|ART女性クリニック
新着情報
[2009.07.09] 助成金1回の支給額の上限が15万円になりました。

平成21年4月1日以降に特定不妊治療(体外受精・顕微授精)の助成金を申請された方は、1回の助成金額の上限がこれまでの10万円から15万円に引き上げられました(1年度内15万円を2回)。厚生労働省から熊本県に正式な通知はまだ届いていないので、支給時期(口座振込み)は、かなり先になるようです。平成22年度以降も上限額は15万円のままになるかについては、厚生労働省に確認しましたところ、「現段階では未定」とのことでした。今年度分は、平成22年3月までに申請していただけると間に合いますので、1回の治療総額が15万円未満の場合(例えば4月から今月までの間に移植なさった方で13万円ぐらい)でしたら、今月申請なさいますと13万円しか支給されませんので、もしも今年度内に、15万円を超えます治療をお考えでしたら、その時に申請なさることも出来ます。既に申請なさった方は、取り下げていただくことも出来るようです。新しい情報が入り次第、お知らせ致します。