ホームお知らせ風疹検査とMRワクチン
お知らせ|ART女性クリニック
新着情報
[2013.04.19] 風疹検査とMRワクチン

現在、日本では風疹が流行しています。今まで、風疹にかかったことがない方、風疹に対する抗体価が低い方が、妊娠初期に風疹にかかると、胎児が先天性風疹症候群(心臓、目、耳の障害)になる可能性があります。したがって、風疹にかかったことがない方、風疹抗体が低い方で妊娠を希望される方は風疹のワクチンの接種がすすめられます。風疹の抗体が低い方は麻疹の抗体が低いことが多く、風疹麻疹混合ワクチン(MRワクチン)の接種が推奨されています。妊娠していないときに接種し、接種後2ヶ月避妊が必要になります。男性は風疹の抗体を持っていない人が多く、夫から妻への風疹感染を防止するために、夫のワクチン接種も推奨されています。当院では、風疹の抗体検査、風疹のワクチンの接種(MRワクチン)を行っております。風疹についてご質問がある方は、当院の医師にご相談ください。