ホーム培養士より
培養士より|ART女性クリニック

培養室(培養士)からのメッセージ

 培養室の業務は、人工授精や体外受精・胚移植に関わることが中心になっています。
 簡単に言うと、精子・卵子・受精卵を扱う仕事です。 具体的には、人工授精は精液処理、体外受精では、採卵、精液処理、媒精、顕微授精、培養、胚凍結・融解、胚移植、アシストハッチングを行います。 その他、精液検査やフーナー検査なども行なっています。

 培養以外の仕事としては、培養を行うための培養庫の品質管理(正しい培養条件で培養が行われているかのチェック、培養庫を清潔に保つための定期的な清掃)や人工授精および体外受精に必要な物品・培養液の管理、人工授精や体外受精施行症例の集計・管理、研究や学会発表などをおこなっています。 また、患者様に対しては、体外受精の説明をしたり、胚移植時には受精卵の状態の説明も行なっています。 最近では、現場の状態を知っていただくために、不妊教室を開いて、情報を提供させていただいています。

 培養室では、精子・卵子・受精卵を扱う仕事が主ですが、技術の習得や向上・維持させるため、日頃から目標を掲げて、トレーニングを行なっています。

 培養士だけでなく、院長をはじめ、看護師、事務とスタッフ全員が一丸となって、患者様の精子・卵子(受精卵)を最高の状態で子宮に戻せるよう、日々頑張っていますので、患者様も安心して私達にお任せ下さい。